Adobe Presenter on Office365

Adobe PresenterはOffice365/2016以上に入れるとうまく動きません。対処方法の説明です。

Adobe PresenterはOffice365/2016以上に入れると、パブリッシュする時点でAdobe Flash Playerをアップグレードしろとエラーが出ます。

日本語では全く手がかりがつかめなかったのですが、英語で検索したら答えがわかりました。

「Office2016からセキュリティのためFlashの実行をブロックする」とのこと。

同様に、Silverlight,Shockwaveもブロックするそうです。

レジストリで実行可能にすれば動くとのこと。technetにregファイルが公開されてました。英語だけですが😓

Flash, Silverlight,ShockwaveOffice 2016で実行可能にするレジストリキー

https://gallery.technet.microsoft.com/scriptcenter/Registry-keys-to-reenable-7cd9f723

このAdobe Presenter、Powerpointからe-Learning用コンテンツが手軽に作れて、他製品と比べて安価に済むツールです。ですが、一度flashファイルを作ってそれを元にpngファイルを動的に動くhtml5形式に変換するようです。そのためhtml5形式では文字の解像度が下がってしまいます。

flashは2020年中には各ブラウザがサポートしなくなるという話なので、そろそろ製品としても寿命なのかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください