仮想サーバにアプリをいれてみんなで共有しよう!

インストールレス運用を目指して、Openstack上の仮想サーバにアプリケーションをインストールしてリモートデスクトップで使ってもらう、という話が下りてきました。
昔RemoteAppサーバを構築して全く使われなかった経験があります。
今回はRemoteAppではなくRemote Desktop運用なので使い勝手は良いですがユーザの自由度が高く、運用負荷が高そうです。
対象はWindows Server 2012 R(R)
忘れないように設定をメモって起きます。

ドキュメントフォルダをどう扱うか?

ドキュメントフォルダやデスクトップはいろんなファイルが保存されて、ディスク容量を圧迫させがち。
まずは別途用意してある「共有フォルダに保管してください。」というルールにしようと思います。

ところが、うちの組織は平均年齢が高そうなので、やれというだけではやってくれなさそうです(^^;
とりあえずマネージャからは「共有フォルダへのリンクがあるだけでもいいから」と言われたのでまずはそこから。

昔は「All User」というわかりやすいユーザがあったのでそこに放り込んめば良かったのですが、最近のは隠されていてどこにあるのかわかりづらい。
ころころ変えないでほしい(^^;
そこでshellコマンドを使います。
Explorerのアドレスバーに、下記のコマンドを入れてやります。

すると、Publicユーザーのデスクトップフォルダが開きます。
そこに共有サーバへのショートカットを放り込んでやります。

そういえば「ActiveDirectoryで管理しているユーザフォルダ」があるんだった。
少し悩みましたが、以下をBatchファイル化してStartupに放り込むことにしました。

こうすれば、各ユーザごとのフォルダがP:ドライブにアサインされます。
あとはP:ドライブへのショートカットをつくれば…
今時バッチファイルかよ、とは自分でも思いますがPowerShellは実行権限を付与しなければいけない、ということで断念。これを共通のStartupに配置。そこで、

を打ち込むと、昔AllUser¥StartupだったものがProgramdataフォルダに移っていることがわかります。(わかりにくい…¥Users¥Public¥Startupじゃだめだったのかしら?)

とりえあず、一旦目的は果たしたのですが、Shellコマンドの一覧無いかなぁとおもって探したら出てきたのがこちら

shellコマンド一覧

こういうのを纏めていただいてるのはありがたいことです。

仮想サーバにアプリをいれてみんなで共有しよう!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください