WindowsUpdateを一定間隔で試行する

WSUSを建てていると、Microsoftに直接アクセスするよりWindowsUpdateの失敗の頻度が高いようなので対処方法を以前書きました。

日に一回、夜間に試行するようタスクスケジューラを組んだのですが、配信直後は何度やっても失敗するようで数日間Updateが当たらないという事態になってしまったので仕方なく60秒間隔でサーバ接続を試みるScriptを組みました。

このスクリプトをタスクスケジューラに仕掛けたら、だいたい即日当たるようになりました。

スクリプトでWindosUpdateを仕掛ける方法については元記事を参照してください。

WindowsUpdateを一定間隔で試行する” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください