【Powershell】EWS Managed API のTraceログを利用する

PowershellからEWS Managed APIを使う時に、Traceを使う方法の備忘録


Excchange Web Serviceをつかっていて、AutoDiscoverでなんどもコケたので、エラーを調べるための情報を探したらMicrosoftの情報がヒットしました。
Trace request and response for trouble shooting of EWS Managed API

いつもどおりC#の情報なのですが、TraceListener Classをつくってオブジェクトを作りましょう、とあります。

Powershellで作ろうとすると、クラスがないのですが、C#のソースを書いてAdd-Typeすればつくれるそうで、
サンプルソース参考にしながら動かしてみたのがこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください