au Wallet ポイントをマイルにする方法

au Walletプリペイドカード券面
au Walletプリペイドカード券面(auサイトより)

SoftbankはANA,DoCoMoはJALと提携していますが、どちらにも属していないauのポイントをマイルに変えるためのメモ

au Wallet概論

auユーザーなら持ってて損はないau Wallet
au Walletポイントは200円につき1ポイント、1ポイント1円なので0.5%還元

ローンチのときには大盤振る舞いしていましたが今は昔(のことになりにけり)。ポイント二重取りも可能と言われてましたが今はかなり条件が厳しいです。ケータイ料金と合算するかんたん決済で、しかもMasterCard 決済しないとカードのポイントは付きません。

そういうネガティブな変更はしれっとお知らせページに記載されるだけなので後から知ることもしばしば。これだから請求書送付は紙にすることをおすすめします。

クレジットチャージはMasterCardでもクレジットポイントがつかなくなってしまいました。そのため、重要なのは下記の3つ

  • auの請求をMasterCardにする
  • チャージはauかんたん決済にする
  • かんたん決済は毎月の上限が決まっているので、不要な月でもチャージして翌月に繰り越す

au Walletポイントをマイルにする

au Walletポイントは基本的にauの経済圏で消費するように設計されてます。

大手携帯電話会社は3社ありますが大手航空会社は2社しかありません。auさんはマイルプログラムへの参加が乗り遅れたようでマイルには直接交換できないんですよね。マイルでビジネスクラスに変えれば1マイル=8円くらいの交換比率になるのでかなりオトクなのです。「諦めては居ない」みたいな社長の会見があったので期待して待ってたんですが、まったく進展せず。諦めて自分で調べてみた結果を記録しておきます。

➡︎2019/12更新 au payのポイントはpontaに統合されると発表されました。下記内容は大幅に変更される可能性が高いです。pontaにされる前の暫定的な替え方と捉えてください。

他社ポイントを経由してANAマイルに変換する

au Wallet ポイントの使い方のページをチェックしましょう。

au Walletポイントの使い方

マツモトキヨシのポイントに交換できます。この場合au Walletポイント1=マツキヨ現金ポイント1ポイントです。
マツキヨ現金ポイントは500:350でGポイントに交換することができます。

その後は「Gポイント」→「ハピタス」→「すぐたま(ネットマイル)→「ドットマネー」→「TOKYU POINT」→「ANAマイル」で交換比率0.525です(未検証)。Tokyu ANAカードがあることが条件です。ここまでくると面倒くさいです。6週間くらいかかるようですよ。

九州在住の方は西鉄)nimocaを使ったルートもありますがインターネットでの交換ができず、端末での受付になります。

Pontaポイントは中部電力のカテエネポイント経由でTポイントもしくはnanacoに変えることができます。その場合はおそらく交換比率0.5です。正直、この程度の比率差ならPonta統合待ったほうがいいんじゃないですかね?😥

もともと1walletポイント/200円なので、良くて1.25マイル/100円です。

それより、面倒ですがソラチカカード+スマリボの方が1.54マイル/100円を目指せますよ。

JALマイルに交換する方法

こちらは比率的にもPontaポイントに統合されるのを待ったほうがいいと思います。

Pontaポイント→250JALマイル

マツキヨ現金ポイント500→200JALマイル
マツキヨ現金ポイント500→350Gポイント:Gポイント315→300ポンタポイント→150JALマイル
マツキヨ現金ポイント500→350Gポイント:Gポイント315→300LINEポイント→100JALマイル(2019年末で終了)

JAL,ANAとも国内線は1マイル≒2円くらいなので、国内線が目標の方はそのまま使ってしまっても良さそうです。

まとめ

au Wallet ポイントをマイルにする方法のまとめ。

ANAにしたい場合は、ANAカードを直接使うことを検討する。

  • auの請求をMasterCardにする
  • チャージはauかんたん決済にする
  • かんたん決済は毎月の上限が決まっているので、不要な月でもチャージして翌月に繰り越す
  • au Wallet ポイントがPontaポイントに統合されるのを待ってJALマイルに交換する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください